2019年関東の梅雨明けはいつ頃?雨量についても調査!








こんにちは。たなかあやです!

梅雨が明けると、もう夏!ですね。

夏になると、いろいろな野外イベントを計画している人も多いはず!

今日は、2019年関東の梅雨明けはいつ頃?雨量についても調査!に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

2019年関東の梅雨明けはいつ頃?雨量についても調査!

で紹介しますね^^

スポンサーリンク

2019年関東の梅雨明けはいつ頃?

ずばり、2019年関東の梅雨明けはいつ頃なのか気になります!

今までの梅雨入り、梅雨明けの統計が気象庁のホームページで確認することが出来ました。

関東甲信越地方の梅雨明けの時期は、

平年では、7月21日ということです。

梅雨というと6月のイメージがあるので

7月の後半まで梅雨が続くと思うと
少し意外だなと感じます!

1951年から2018年までの68年間の情報を元に2019年の梅雨明けを予想したいと思います^^

2019年関東の梅雨明けは何月何日?

データーは、気象庁が発表している

68年間のデータを元に考えます。

気象庁では、1951年から2018年までの68年間の

梅雨入り、梅雨明け情報を公開していますよ。

関東甲信越地方の梅雨入り・梅雨明け情報はこちら

1951年から2018年までの68年間で、

最も梅雨明けが早いのが2018年の6月29日頃ということになっています。

最も梅雨明けが遅いのは、1982年の8月4日頃です。

まず、2019年の夏の降水量や、気温についてみてみましょう。

2019年気象庁が発表している夏の気候の見直しを参考にしています。

2019年東日本の6月から8月の気温は、ほぼ平年並みということです。

梅雨ってなんでおこるの

そもそも梅雨ってなんでおこるのでしょう。

ご存知の方も多いかもしれませんが

改めて考えてみます。

日本列島は、海に囲まれています。

日本列島の周りには、温度の異なる空気が存在します。

梅雨の時期になると、

日本列島の南からは温かい空気のかたまりと、冷たい空気のかたまりが

北と南から押し寄せてきます。

ちょうど間に挟まれたところで、梅雨前線が作られます。

この梅雨前線が梅雨を発生させるんですね。

2019年関東の梅雨明けはいつ頃?雨量についても調査!

2019年6月から8月の夏の天気の見通し(気象庁発表)を
東日本では、降水量も平年並みとの予報が出ています。

近年の梅雨明け情報や、降水量を参考にしてみると
平均の梅雨明けは、7月21日とのことです。

68年の間には、とても早い梅雨明けや遅い梅雨明けがあるので
平均というよりも、中央値も気になります。

ここ10年の梅雨明けをみてみると
7月の10日前後に梅雨明けしていることが多いことがわかります。

2018年は、通常よりも早い6月29日頃に梅雨明けになっています。

68年間で、気象状況も大きく変わってきているので

ここ10年の梅雨明けを参考に計算。

2019年の梅雨明けは7月11日前後と予想しました。
追記:2019年梅雨明けは、7月29日に梅雨明けになる見込みです。

まとめ

以上2019年関東の梅雨明けはいつ頃?雨量についても調査!という内容でお伝えしてきました。

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは2019年関東の梅雨明けはいつ頃?雨量についても調査!の内容をまとめます^^

・68年間の梅雨明けで、最も早いのは2018年の6月29日頃でした!

・68年間の梅雨明けで、最も遅いのは1982年の8月4日頃でした!

・2019年の梅雨明けは、7月11日前後と予想します!

じめじめした梅雨ですが・・・

水不足にならない程度の降水量があり、梅雨が早く終わって夏がきてほしいものです^^

最後まで読んでくださってありがとうございました。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です