「24時間テレビ」都立狛江高校ダンス部の実力やレベルは?コーチも調査!








こんにちは。あやです!

24時間テレビ、澁澤くるみちゃんと大野智さんと共に、「100人ダンスに挑戦」では、
都立狛江高校ダンス部が出場します。

都立狛江高校ダンス部は、ダンスの強豪校のようで多くの大会にも参加しているようです。
100人ダンスでは、「アラジン」を国技館で披露する予定です。

最近の高校生のダンスのレベルはとても高くてテレビでも特集されることが
多いですよね。

24時間テレビに向けて、都立狛江高校ダンス部の皆さんは、沢山の練習を重ねてきたと思われます。
都立狛江高校ダンス部の皆さんについて気になります。

今日は、「24時間テレビ」都立狛江高校ダンス部の実力やレベルは?コーチも調査!に役立つ情報を紹介していきます!

それでは始めましょう。

スポンサーリンク

「24時間テレビ」都立狛江高校ダンス部の実力やレベルは?

都立狛江高校ダンス部は、毎年日本高校ダンス部選手権に参加しています。

日本高校ダンス部選手権といってピンとこない方は、
「バブリーダンス」でおなじみの大阪府立登美丘高校が以前優勝した大会というと
分かるかもしれません。

2019年も都立狛江高校ダンス部は、日本高校ダンス部選手権に出場しています。

バラエティー番組などで放送される「日本高校ダンス部選手権」は、
どの学校でも出られるというわけではありません。

他の大会ですが、ダンスを披露している動画がありました。↓↓

日本高校ダンス部選手権は、地区大会を勝ち抜いてきた学校が出場することの
できる「全国大会」になります。

テレビで観ていると簡単に出場できそうに思いがちですが、毎年
神奈川県のパシフィコ横浜で開催される「日本高校ダンス部選手権」は
全国大会ということですから、出場するだけでも
とてもレベルの高い学校といえそうですよね。

「日本高校ダンス部選手権」とは?

「日本高校ダンス部選手権」は、学校の参加する人数によって、
スモールクラスビッククラスに分かれています。

「バブリーダンス」のように大勢で踊るチームはビッククラスということになります。

2019年も「日本高校ダンス部選手権」が開催され、
東京都立狛江高等学校は出場を果たしています。

2019年8月6日(火)~8月8日(木)の3日間かけて、関東甲信越大会の予選会が開催されています。

関東甲信越は、出場する学校が多いため、3つのブロックに分かれて予選会を行っていますので、
予選会の組み合わせも全国大会に出場するためには、重要なポイントとなるでしょう。

東京都立狛江高等学校は、スモールクラスとビッククラスの両方にエントリーして、
どちらのクラスでも全国大会に出場しています。

関東甲信越予選では
スモールクラスが95チーム。
ビッククラスが125チーム エントリーしています。

全国大会は、関東甲信越地区からは、
スモールクラスが21校、ビッククラスが24校、
参加しています。

全国大会に出場するためには、3倍から5倍程度の
倍率を勝ちぬかなくてはなりませんね。

全国大会は、8月15日(木)、8月16日(金)に開催されました!

2019年の「日本高校ダンス部選手権」の受賞校

第12回 日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会 (2019年)スモールクラス結果

スモールクラス得点結果

優 勝 柳川高等学校(福岡)

準優勝 神奈川県立川崎北高等学校(神奈川)

優秀賞 大阪府立箕面高等学校(大阪)
目黒日本大学高等学校(東京)
山村学園高等学校(埼玉)
鎮西高等学校(熊本)
大阪府立河南高等学校(大阪)
群馬県立伊勢崎清明高等学校(群馬)
※優秀賞は出場順です。
審査員特別賞              初芝立命館高等学校(大阪)
エースコックスーパーカップ特別賞    沖縄県立北中城高等学校(沖縄)
産経新聞社賞              東京都立町田総合高等学校(東京)
(社)ストリートダンス協会賞       武南高等学校(埼玉)

 第12回 日本高校ダンス部選手権 夏の公式全国大会 (2019年)ビッグクラス結果

ビッグクラス得点結果

優 勝 帝塚山学院高等学校(大阪)

準優勝 大阪府立堺西高等学校(大阪)

優秀賞 大阪府立東百舌鳥高等学校(大阪)
山村国際高等学校(埼玉)
駒澤大学高等学校(東京)
大阪府立久米田高等学校(大阪)
同志社香里高等学校(大阪)
三重高等学校(三重)
※優秀賞は出場順です。
審査員特別賞            横浜創英高等学校(神奈川)
エースコックスーパーカップ特別賞  東京都立八潮高等学校(東京)
産経新聞社賞            東京都立大森高等学校(東京)
(社)ストリートダンス協会賞     二松學舍大学附属高等学校(東京)

2019年の日本高校ダンス部選手権では賞をとることが出来なかった東京都立大森高等学校
ですが、2017年のビッククラスで優秀賞を受賞しています。

2017年は、登美丘高校がバブリーダンスで注目された年ですね。
2019年の日本高校ダンス部選手権に、登美丘高校は、出場していません。
登美丘高校の記事はこちら

日本高校ダンス部選手権2019に登美丘高校が出場していない理由は?

登美丘高校akaneコーチの後任はだれ?ダンス部はどうなる?

「24時間テレビ」都立狛江高校ダンス部コーチも調査!

東京都立狛江高校ダンス部コーチは、ASUKA YazawaさんとTomokoさん。
東京都立狛江高校ダンス部のOGです。
お二人ともプロダンサーです。

指導は、週に1回程度、2人は別々に指導されているそうなんです。
担当が決まっているようで、ASUKAコーチが1年生から2年生の夏までの生徒。
Tomokoコーチはそれ以外の生徒を担当しているとのことです。

ASUKAコーチは、みんなを同じモチベーションに整える土台。メンタルの部分も含めて
強化しているようです。
生徒とは、素直に向き合うことを意識しているようで、思ったことは素直に
言葉に出したり、感情表現をしているんだそう。
生徒とのコミュニケーションを大切にダンスを作り上げているようです。

Tomokoコーチは、ASUKAコーチが作った土台からダンスを引き上げる担当のようです。
マナーについても徹底指導しているようで、
思ったことはバシッと伝える指導方法のようです。

お二人とも指導の仕方は違っても、生徒のためにいいダンスが出来るように思考錯誤
されているようですね。

そんなお二人の努力もあって東京都立狛江高校ダンス部はすばらしいダンス、好成績を残す
ことに繋がっているんでしょう。

24時間テレビと日本高校ダンス部選手権の日程が近いということもあり、
調整が大変だったことと思います。

当日はどんなダンスを披露してくれるのでしょうか。
楽しみにしたいと思います!

まとめ

以上「24時間テレビ」都立狛江高校ダンス部の実力やレベルは?コーチも調査!という内容でお伝えしてきました。

この記事があなたの役に立てたら幸いです。
それでは記事の内容をまとめます。

・東京都立狛江高等学校は、日本高校ダンス部選手権で、スモールクラスとビッククラスの両方にエントリーして、
どちらのクラスでも全国大会に出場している強豪校。

・2017年は、ビッククラスで特別賞を受賞しています。

・東京都立狛江高校ダンス部のコーチは、OGのASUKAコーチとTomokoコーチ。コーチはプロのダンサーです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
今日はここまでとさせていただきます。

24時間テレビ澁澤くるみちゃんの義足の理由は?双子姉妹の見分け方も!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です