PTA会長が決まらない時はどうなる?クジで決まったら辞退できる?








こんにちは。たなかあやです!

PTAの本部役員の最後の仕事といえば、来年度のPTA役員を決めると言うことですよね。

年末から3学期にかけては

来年度のPTA役員が決まらず頭を痛めている方も多いのではないでしょうか。

今日は、PTA会長が決まらない時に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

題して、

PTA会長が決まらない時はどうなる?クジで決まったら辞退できる?

という内容で、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

PTA会長が決まらない時はどうなる?

実際にPTA会長が決まらない時はどうしているのか気になったので調べてみました。

実際、私が小学生の頃はPTA会長は

何年も、お友達のお父さんがやっていたのを思い出しました。

まだ小学生だったので、そのお父さんが

PTA会長を好きでやっていたのか

仕方なくやっていたのかは、考えたこともありませんでしたね。

自分の子供が小学生になって、役員が身近になったとき

初めてPTA会長のありがたさを知り、選出の難しさも知りました。

PTA会長というと、人前で挨拶をする機会も多いです。

校長先生と一緒に会議に出たり、地域の方たちとの話し合いも必要になります。

仕事に忙しいお父さんならば、なるべくPTA会長は引き受けたいとは思わないですよね。

よほど教育熱心であったり、人前で話したりPTA活動が好きという貴重な方でないと

PTA会長に立候補すると言う事は無いようです。

中には次年度のPTA会長が決まらないために

何年も何年もPTA会長をやっているお父さんもいました。


とてもすストレスに感じている方もいるようです。

一方で、学校によっては1年ごとにPTA会長が変わるという学校もあります。

その学校によってもかなり事情が違うようです。

時間もお金にも余裕があるならば

PTA会長のハードルも少し下がるのかもしれません。

仕事も忙しくて、休みの日もままならないお父さんが

PTA会長を務めるなんて、これは不可能に近いですよね。

学校に通っていると、だんだんみんなの家庭環境もわかってきます。

ふさわしい人に声をかけたりして、何とかPTA会長の役を引き受けてもらうようにしているところが多いようです。

昔から住んでいてお父さん同士の絆が強かったりすると

そのお父さん達で、PTA会長増子なんていう地域もあるよう。

どうしても次年度なり手がいない時はどうなるんでしょう。

PTA会長が不在と言うわけにはいかないので誰かが引き受けるか

引き受け手がいなければくじ引きと言う方法にも

発展しましてしまうこともあるのかもしれません(泣)

PTA会長にクジで決まったら辞退できる?

もしもPTA会長にクジで決まったら辞退することはできるのでしょうか。

PTA会長をくじで決めるというのは

かなりリスクのある決め方になります。

PTA会長は誰でもできると言うものではありません。

人前で話すのが苦手な人もいます。

家庭の事情で仕事を休むことができないという方も

もちろんいますよね。

もしそんな人がPTA会長になってしまった場合、

PTA副会長の負担がとても大きいものになりそうです。

PTAの役員もですが、PTAの本部、PTA会長もできることならくじ引きで決める事は避けたいですね。

くじ引きで当たった場合その後のトラブルが非常に多いのも事実。

くじ引きでもしもPTA会長に当たってしまった場合、辞退するのは難しいかもしれませんが

PTAは強制ではないので、

最悪はPTA会員から抜けるという方法もあります。

クジで当たってしまったとしても、自分ができない内容を伝えれば

代わりに引き受けてくれるという方も出てくれるかもしれません。

ポイントは、できないという姿勢を崩さないことです。

少しならできる、フォローしてもらえば、はんて引き受けてしまった場合、

後からもっと大きなトラブルに発展することがあるので

本当にできなければその場でしっかり断るしかないでしょう。

避難されるかもしれませんが、仕方のない事と割り切れるかです。

とても無責任と思われるかもしれませんが、

この人では無理と思われれば、本部役員も他のPTA会長の選出を考えないわけにはいきません。

まとめ

PTA会長が決まらない時という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それではPTA会長が決まらない時はどうなる?クジで決まったら辞退できる?の内容をまとめていきますね^^

・PTA会長が決まらないときは、翌年もやることがある

・PTA会長のお子さんが卒業する時はくじ引きの可能性もある

・PTA会長は自営業のお父さんが引き受けてくれることが多い

PTA会長が無事に決まることを願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です