瀬古昴が左目を布で保護している理由はなぜ?病気や怪我が原因なの?








瀬古昴さんは、元マラソン選手の瀬古利彦さんの息子さんです。

瀬古利彦さんと言えば、知らない人はいない!というくらいの有名人ですよね。

そんな瀬古俊彦さんには、息子さんがいらっしゃいます。

長男の瀬古昴さんは、東京都出身の34歳。ホジキン病を発症されて闘病中ということでした。

そんな瀬古昴さんは、普段からメガネをかけていて、普段左目を青い布で保護されています。

瀬古昴さんの左目はなぜ青い布で保護しているの?

瀬古昴さんが左目を布で保護している理由については、ネット上には記載されておりませんでした。

瀬古昴さんは、悪性リンパ腫の一種である、ホジキンリンパ腫を発症されたことで、長い間治療をうけていたそうです。

治療は何年にもおよぶ過酷なもので、抗癌剤治療が終わって治った(寛解)になったと思う、とまた発症するという状態が続いたようです。

瀬古昴さんの左目についての記載は見つかりませんでしたが、子供の頃と思われる写真では、メガネをかけているものの、左目を布で保護していませんでした。

そのため、生まれつき、左目にトラブルのような障害があったとことは考えにくいとですね。

大人になってから、左目を怪我や、外傷による網膜剥離などで失明したなどという可能性や、目の病気(例えば、糖尿病による網膜症や悪性腫瘍)によって見た目を考慮して、見えないように布で覆っているとい可能性が考えられます。

失明される方の多くの原因は、外傷によるものと、糖尿病での合併症のようです。

ホジキン病と左目は関係あるの?

結論からお伝えすると、ホジキン病と、左目を布で保護していることについての関係性はわかりませんでした。

ただ、ホジキン病とは、悪性リンパ腫の一種ということで、発症する部位があることが分かりました。

人によっては、鼻に出来物ができたので、病院を受診したところ、悪性リンパ腫と診断された症例がありました。

瀬古昴さんは、ホジキン病が脳に転移したことを告白されています。

脳と、眼球はとても近い場所に位置しているので、可能性の一つとしては、ホジキンリンパ腫が原因で左目を布で覆っている(例えば、左の眼球を切除の可能性)可能性はあるのと考えます。

父親の瀬古俊彦さんは、親の目からみても治療に対して、前向きに戦っている瀬古昴さんについて心から尊敬するとコメントされています。

ホジキンリンパ腫は、普段あまり聴き慣れない病気で馴染みがありませんが、悪性リンパ腫の一種ということなので、血液の癌ということになります。

(水泳の池江璃花子選手も悪性リンパ腫で治療を受けていましたね。)

2020年の夏には、瀬古昴さんは、肺にカビが生えたり薬もなかなか効かなかったり、コロナ病棟に入院したり、精神的にもかなりダメージを受けていたそうです。

今まで、ホジキンリンパ腫と告知されてから初めて先が見えなく、ただ辛い日々が続いていたということです。

そんな中でも、自分と同じように病気で戦っている人のために、闘病ブログを書かれています。

少し覗かせていただきましたが、とても文章がお上手でユーモアのある素敵なブログでした。

瀬古昴さんは、文章を書くことがお好きなようなので、自然にされているのかもしれませんが、人にものを伝えたり、自分の考えを整理する能力がとても高い方だと感じました。

まとめ

瀬古昴さんは、普段からメガネをかけて、左目を布で保護されていますが、左目を保護している理由については情報は見つかりませんでした。

考えられる理由としては、子供の頃の瀬古昴さんは、メガネはかけているものの、左目を布で保護していないため、生まれつき左目にトラブルがある訳ではなさそうということが分かりました。

はっきりした理由については、分かりませんが、瀬古昴さんは、ホジキンリンパ腫で闘病されており、脳への転移したことを告白されているため、ホジキン病が原因で左目に布を当てるようになったのかもしれません。

瀬古昴さんは、闘病中も常にユーモアをもち、辛い治療に立ちむかっていたそうです!

とても心の強い素晴らしいかたなんでしょうね。

父親で元マラソン選手の瀬古俊彦さんも、自分の子供ながら尊敬するとコメントされています。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です