さいたま水族館にお弁当持って行ってきました!








こんにちは。たなかあやです!!

公園に行くときは、お弁当を作って持参するのが恒例の田中家。
パパは仕事でいなかったので、子どもたち3人+私でさいたま水族館に遊びに行ってきました。

10月に遊びに行ったんですけど、ちょうど近くにコスモスが綺麗に咲いていてとてもきれいで、観光に来ているかたも多かったですよ。
途中で直売に寄って食材を調達してののーんびりした一日を紹介します!

子どもが食べたいものを調査

土曜日私の仕事が終わってから子どもたちを学童に迎えに行ってから、1週間分のの食事の食材を調達するのが日課な田中家。
日曜日は晴れるということなので、お弁当をもってピクニックがてらさいたま水族館に行くことにしました。
まず、お弁当を作る前にすることは子どもたちに食べたいものの調査。
今回は「鶏のから揚げが食べたい!」とのことだったので鶏のから揚げとおにぎり、ゆで卵と子供たちの大好きなトマトに決定!!
本当に簡単ですいません(汗)れべるのお弁当です。

鳥肉は2キロ入りのものを購入。
冷凍になっていたので、冷蔵庫に入れずに自然解凍します。

取りのから揚げはお肉を4切れ使って、今回のお弁当以外にも食べさせることが出来るようにストックしておきました。
田中家はみんな鶏のから揚げが大好きなので、から揚げだけはすこし多めに作っておきます。
おにぎりも本当はもう少し多くてもいいんですけど、作りすぎないがポイント。

鶏のから揚げがが作れないときは、冷凍のから揚げを温めてもって行くんですけど、私はやっぱり自分好みの味つけの我が家の味が好き。

田中家のから揚げは、かーんたん。

大き目のボールのなかに、一口サイズに切った鳥肉に塩コショウ。
調味料は、酒、しょうゆ、しょうが、にんにく。
溶き卵を入れて、小麦粉と片栗粉を1:1で入れて混ぜたものを油で揚げます。
きつね色に揚がったら完成です!!

とりあえず詰めただけのお弁当

鶏のから揚げが完成したら、よく油を切ってタッパーに詰めるだけの簡単弁当です。
油が少しでもすい取れるようにキッチンペーパーを敷きます。

おにぎりは、ふりかけをまぶしてラップで包んだものと、梅干しおにぎり。

さいたま水族館に行く途中、すぐ近くのキヤッセ羽生の売店でもパンや野菜、果物が販売されているので、足りなかったら調達するようにしてます。
子どもたちはフランクフルトを食べてました。

何も持って行かないと急に食べたい!といわれたときに困るんですけど、お弁当があるとすぐに食べられるので便利で節約にもなるので、食べるものは何かしら持参するようにしてます。
お弁当を用意するときの私の心得は、頑張りすぎないこと。

7割程度の力を発揮するようにしてます^^

一生懸命作ると、時間がかかるし、食べてもらえなかった時に「えー(泣」ってネガティブな感情が出ちゃうじゃないですか。
あくまで簡単においしくて、節約になることが目標なので(笑)
それに頑張りすぎちゃうと遊びに行く前から疲れちゃう私です。

多めに作ったり、凝ると疲れてしまう私(汗)
作りたくない!けど節約!!って時は、食パンとジャムを買ってお弁当にすることもありです。

チューブタイプのツナマヨネーズは子どもたちに大人気でした!
外で食べるってだけでも楽しいから、食欲も出るのでしょうね。

これは途中の直売で購入したアケビ。
ちょっとグロテスクだったけどはじめて食べてみた!

子どもたちは「わー(泣)イモムシみたい」って食べなかったんですけど・・・

食べてみると、ほんのり甘い感じ。
種がめちゃくちゃ多いから、甘さを楽しむ!って感じ。
おなかを満たすって食べ物じゃないですね。

ただ、アケビのおかげでとっても楽しめたんです!
アケビを見たときの子どもたちの目をしかめた表情が忘れられない!!

こんなに入って100円。
アケビを見たら、子どもたちの何とも言えない表情を思い出すと思うと、とってもおとくなお買い物でした^^
いい思い出です。

さいたま水族館であそぶ

私たちがさいたま水族館い行ったのは10月。近くのコスモス畑がとてもきれいでした。


さいたま水族館では、ザリガニやカメを直接触ることが出来ます。

亀やザリガニを触れることで、子どもたちが多くて、そんな子どもの写真を必死で写真に収めようとする大人(私もその一人)で混みあっていました(汗)
やっぱり直接亀やザリガニに触れるって楽しいですよね!
私も子どものころに戻ったようにテンションが上がっちゃいました(笑)

外では鯉に餌をあげることが出来ます。
午後になると、エサを沢山もらった鯉たちはお腹がいっぱいになるよう。


奥の方の比較的おなかの空いていない鯉にえさをあげました!


我が家の一番人気はウーパールーパー。
子どものころ流行ったウーパールーパー。小学生の子どもが「ウーパールーパーた!!!」大喜びだったのは驚きでした!
正式にはメキシコサラマンダーって言うんですね。

まとめ

今回は、さいたま水族館にお弁当をもって行ったことを紹介しました。
さいたま水族館は入場料もとても安いので、低料金で子どもと楽しむことが出来ます。

それではまとめましょう!
・お出かけの時は弁当を持参するとリーズナブル
・お弁当は、7割の力で作る
・足りなければ購入するくらいの気持ちで
・お弁当を作れないときは、食パンにチューブのツナマヨネーズが美味しくて便利。出かけ先でみんなで作ろう!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。
また次回のブログでお会いしましょう!!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です