武田康祐は厚生省課長!妻や子供・顔画像や年収・経歴!処分はある?








こんにちは。たなかあやです!

韓国の空港で、厚生省課長の武田康祐さんが拘束されました。

職員に対して、暴行を働いたということで拘束とのこと。

日本でも、速報として取り上げられました!

今日は、武田康祐は厚生省課長!妻や子供・顔画像や年収・経歴!処分はある?に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

題して

武田康祐は厚生省課長!妻や子供・顔画像や年収・経歴!処分はある?

という内容で、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

武田康祐さんは厚生省課長!妻や子供・顔画像は?

 

プロフィール

名前:武田康祐

読み方:たけだこうすけ

生年月日:1971年

年齢:47歳

出身:北海道

職業:厚生労働省大臣官房付

今回の事件の動画がこちらになります!↓↓

武田康祐さんは厚生省課長!妻や子供・顔画像や年収・経歴!処分はある?

1995年:労働省入省

2003年:厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長補佐

2005年:鹿児島労働局総務部長

2007年:厚生労働省政策統括官付労働政策担当参事官室長補佐

2008年:在タイ日本国大使館一等書記官

2011年:厚生労働省職業安定局雇用政策課長補佐

2012年:内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(社会システム担当)付企画官

2014年:厚生労働省労働基準局労働条件政策課労働条件政策推進官

2015年:内閣官房一億総活躍推進室企画官

2016年:内閣官房一億総活躍推進室内閣参事官、内閣官房働き方改革実現推進室併任

2017年:厚生労働省賃金課長

輝かしい経歴も持ち主ですね。

エリートまっしぐらとはこんな経歴のことでしょうね!

武田康祐氏は、厚生労働省賃金課長です。

武田康祐氏には、妻と2人の子供さんがいるようです。

とても若く見えますが、年齢は47歳ということなので、お子さんもある程度大きいということが予測されます。

武田康祐さんの年齢を考えると、お子さんは中学生や高校生位のお年ということになるのでしょうか。

もう分別のつく年頃なので、今回の事件がこんなに大々的に放送されたということでお子さんもかなりショックを受けていることと思います。

武田康祐さんは、大学を卒業してからキャリアとして就職しているとの事なので、大学も超一流の大学を卒業されていると思われます。

キャリアとして働いていると言う事は、もうはじめからエリート街道まっしぐらということ!!

今まで挫折なんて感じた事はない人生だったのかもしれません。

年収も軽く1.000万円をこえているでしょう!

学歴のある家庭は、裕福という調査報告もあるので、武田康祐氏が育った家もかなり裕福だったのかもしれません。

武田康祐氏は奥様もお仕事をされているということなので、経済的にはかなり恵まれている家庭ではないでしょうか。

お子さん達も私立の有名な学校に通っている事でしょう。

今回、韓国の空港で拘束されたと言う今年で大きく取り上げられました。

武田康祐氏は、「韓国は嫌いだ!」と大きな声を上げていたそうです。

何か嫌なことでもあったのでしょうか。

韓国に行っておいて、この発言はいただけませんね。

今後は、職場でも何かしらの処分を受けるということもあると思います。

最悪の事態は免れると思いますが、今回の事件を機に武田氏にとってはかなり厳しい現実が待っている事でしょう。

エリートといえども、ストレスはかなり溜まっていたのでお酒をたくさん飲んで、泥酔してしまったのでしょうか。

普段は穏やかな人でも、アルコールを飲むと人格が変わってしまうなんて話も聞きますよね。

外で飲むときには本当に行動に注意してもらいたいと思います。

せっかく今まで積み重ねてきたものが、一瞬で崩れてしまいます。

これからはお酒を飲む機会も増える時期なので、お酒を飲むときには十分に行動や行動に気をつけていきたいなと思いました。

まとめ

武田康祐は厚生省課長!妻や子供・顔画像や年収・経歴!処分はある?という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは武田康祐は厚生省課長!妻や子供・顔画像や年収・経歴!処分はある?の内容をまとめていきますね^^

・武田康祐さんには、妻や2人の子供がいるようです。

・武田康祐さんは、かなり酔っていたようです。

・武田康祐さんは、今後職場でも何らかの処分がくだる可能性もあると思われます。

今後は、このような事件がないことをこころから願っています!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です