札幌のタクシー事故現場の国道の交差点はどこ?原因は信号見落とし?








こんにちは。たなかあやです!

札幌でタクシーと軽自動車が衝突して、20代の女性が被害にあうという事故が起きてしまいました。

事故が起きたのは、午前3時20分過ぎということなので人通りは少なかったと思われますが、これが日中の事故だった場合、もっと多くの被害者が出たと思われます。

今日は、札幌のタクシー事故現場に役立つ情報を紹介していきます。

題して

札幌のタクシー事故現場の国道の交差点はどこ?原因は信号見落とし?

という内容で、はじめていきます。

スポンサーリンク

札幌のタクシーと軽自動車の事故現場の国道の交差点はどこ?

札幌のタクシーと軽自動車の事故現場は、札幌市中央区北2条東1丁目の交差点になります。

現場:札幌市中央区北2条東1丁目の交差点

とてもも通しのよい交差点のように見えますが、事故のあった時間は、午前3時20分とのことなので、運転手ももしかすると睡魔に襲われてもおかしくない時間帯といえます。

札幌のタクシーと軽自動車事故の原因は信号見落とし?

今回の事故では、タクシーに乗っていた乗客3人とタクシー運転手の軽自動車を運転していた運転手は軽傷で済んだとのことです。

この事故で、軽乗用車は横断歩道を歩行していた女性と接触しています。

横断歩道を歩いていた20代の保育士の女性はこの事故に巻き込まれ命を落としています。

20代の保育士の女性は、搬送先の病院で命を引き取ったことが確認されています。

タクシー運転手は信号が青になっていたことを確認してから渡ったと証言しているようで、現在はドライブレコーダーを解析しながら事故の捜査がすすんでいます。

最近は高齢者が運転する車での事故が多発しています。

ブレーキとエンジンを踏み間違えてしまったり、信号が赤ということに気づかなかったり原因は様々だと思いますが、結果的に人の命を奪ってしまうような事件が最近多発しています。

人間は判断を誤る動物なので、注意深く運転しなくてはなりませんが、現実にはなかなか事故は減っていません。

自分は大丈夫だと思っても少しの隙が大きな事故を招きます。

最近では高齢者に運転を制限するようにしたり、ある一定の年齢になったら免許証を返納するというような声も上がってきていまよね。

運転する人が気をつけるのはもちろんですが、これからは車の技術がより進化して事故を起こさない仕組みがどんどん普及していくことを願います。

このゴールデンウィーク中は、長時間運転される方も多いと思います!

普段は運転しないという方も連休中は長時間の運転をすると言うこともあるでしょう。

十分に気をつけてくださいね。

どうか、自分の力を過信せず適度な休憩をとって安全運転に努めてほしいと思います。

まとめ

札幌のタクシー事故現場の国道の交差点はどこ?原因は信号見落とし?という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは札幌のタクシー事故現場の国道の交差点はどこ?原因は信号見落とし?の内容をまとめていきますね^^

・札幌のタクシー事故現場の国道の交差点は札幌市中央区北2条東1丁目の交差点。

・札幌のタクシーと軽自動車事故は、信号の見落としの可能性が高い。

・札幌のタクシーと軽自動車事故で、20代の女性がなくなられました。

今後このような事故が起きないことを願います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です