埼玉の黒いマタニティクリニックの院長はどんな人?権力者?家族は?








こんにちは。たなかあやです!

週刊文春で取り上げられた黒いマタニティークリニックが気になります。

今日は、埼玉の黒いマタニティクリニックの院長について書いていきます。

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付きくださいね。

題して

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長はどんな人?権力者でワンマン?

という内容で、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長はどんな人?権力者でワンマン?

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長は、医師になって数年で、マタニティークリニックを開業されています。

勤務医時代は、産婦人科として有名な病院で勤務されていたので、当時最先端の知識はあったのではないでしょうか。

医師によっても考え方は色々あるようですね。

医師になれば、ある程度の収入は見込めるので、定年まで勤務医として働く医師や、自分の思う医療を志して、開業する医師

お医者様は、自分の親が医師であることが多いので、そんな方は、早くから実家を継ぐなんてお医者様もいます。

勤務医は、いわばサラリーマン。

お給料は、保証されますが、人間関係が面倒であったり

他の医師や上司と折り合いがつかないお医者様が開業するということもあります。

開業すれば、お給料の保証はありませんが、自分に指図してくる人はいません。

渡した、子供を開業医さんに連れて行くことがよくありますが、そこクリニックの院長でクリニックや医院の雰囲気は大きく違います。

他の子供を連れて行っただけで、「うるさいからこんどから連れてこないで!」なんていうお医者様もいらっしゃいます(>_<)

とてもわかりやすく病状を説明してくれるお医者さんには、頭が下がりますね。

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長についての人柄については、記載されていませんでしたが、

かつて一緒に働いていた看護師さんや助産師さんによると、院長は、スタッフに対してのあたりは強かったようですね。

中絶手術の介助につくときも「いやだなぁと思いながらついていた」と証言されていました。

週刊文春でとりあげられた、埼玉の黒いクリニックは、太田マタニティークリニックです。

数年前に新しく作った、いま流行りのマタニティークリニックのようですね。

中絶手術は患者さんが希望してたら出来るの?

中絶手術は患者さんが希望してたら出来るの?と疑問に思いませんか?

実際に育てることのできない環境で生まれてくる赤ちゃんは虐待の対象にもなりやすいですし、

母親になる女性も大変な負担です。

母親になる女性の責任については、ここではふれないでおきます。

平成25年12月13日に改正された母体保護法の第一章、第二条に、「人工妊娠中絶とは、胎児が、母体外において、生命を保続することのできない時期に、人工的に、胎児及びその附属物を母体外に排出すること。」と定義されています。
出典 日本産婦人科医会:http://www.jaog.or.jp/qa/confinement/ninsinshusanqa5/

「母体保護法」という法律で、人工妊娠中絶が可能な時期は、妊娠21週6日までと決められています。

妊娠21週6日までが、赤ちゃんがお母さんのおなかから出た場合、生きることができないからなんですね。

文春での記事では、30週を超えたいたこともあるともと職員の方が証言されています。

30週といえば、妊娠5か月。おなかもお母さんのおなかも大きくなる時期。

患者さんが望んだとしても、それだけでは中絶することはできません。

中絶が日常的に行われていたとしたら、これは問題です。

スタッフは中絶介助を拒否できなかった?

スタッフは中絶介助を拒否できなかったのでしょうか?

大きな病院であれば、いくらでも相談することはできると思います。

看護師の上司や、事務長に相談することもできたでしょう。

今回の太田マタニティークリニックは、個人病院です。

個人病院の場合、院長がスタッフを雇っているということ。

院長の影響力はとても強いでしょう。

自分の考えや知識を持っていない場合、院長に逆らうことは難しいと思います。

院長に逆らえば、働きにくくなります。

退職を考えなくてはならなくなるかもしれません。

収入のことを考えると、急に辞めるという決断をすることも難しいでしょう。

看護師さんや、助産師さんは、人のために働きたいと思う人が多いので、

急に仕事を辞めることに抵抗を感じてしまうこともあります。

責任感が強いので、急にやめることは、無責任と感じてしまうこともあるでしょう。

太田マタニティークリニックの助産師さんの評判はとてもいいです。

現在は、退職されてしまっているかもしれませんが、妊婦さんやそのご家族からは、とても心強かったという声がありました。

今回、週刊文春に声を上げたのは、正義感からかなのかもしれません。

院長に対して、意見を言いにくい環境があったのでしょう。

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長の家族は?

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長の家族はいるのでしょうか。

いるとしたらどんなかたなのでしょう。

ホームページを見ると、院長と一緒に女性が写っている写真があります。

個人クリニックの場合、奥様が事務を手伝っていたり、副院長という肩書がおおいのでもしかすると奥様かもしれません。

院長の年齢からすると、お子さんがいれば、もう成人しているはずです。

院長は、60代後半から70代と想像できるので、お子さんがいれば、もしかしたら、医師として働いているかもしれません。

院長が60代で新しいマタニティークリニックを作ったということなら、お子さんが跡を継ぐことを考えているというのが自然の考えですよね。

とてもきれいなクリニックで、近隣からは、太田マタニティークリニックを信頼されているかたも多いとのこと。

一日も早く患者さんが安心して通えるようになってほしいです。

まとめ

埼玉の黒いマタニティクリニックの院長について初回しましたがいかがでしたでしょうか?

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは埼玉の黒いマタニティクリニックの院長はどんな人?権力者でワンマン?の内容をまとめていきますね^^

・埼玉の黒いマタニティクリニックの院長は権力者のようです。

・埼玉の黒いマタニティクリニックの院長の家族については不明。

・埼玉の黒いマタニティクリニックで働くスタッフは院長に従わなくてはならなかったと思われる。

これから、真相が明らかになっていくかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です