池袋事故の飯塚幸三の入院先の名前や場所・病名は?退院後は逮捕?








こんにちは。たなかあやです!

池袋で乗用車にひかれた親子がなくなるという事件から数日たっているというのに、まだ犯人は逮捕されていません。

親子を引いた車を運転していたのは、飯塚幸三元院長。

元官僚で、天下りでクボタの副社長だったとのことです。

こういうエリートが事故を起こした場合は、逮捕されないのでしょうか。

忖度ともいわれています。

いったいどれだけの力をもっているのでしょう。

上級国民は、何をしても逮捕されないのでしょうか?

命を奪われた親子の人権ていったいなんでしょう・・・

今日は、池袋事故の飯塚幸三の入院先の名前や場所・病名は?退院後は逮捕?に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

題して

池袋事故の飯塚幸三の入院先の名前や場所・病名は?退院後は逮捕?

という内容で、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

池袋事故の飯塚幸三院長の入院先の名前や場所・病名

池袋事故の飯塚幸三院長は、現在入院中という報道もあります。

事故が起きた直後に、自身のSNSの削除を息子さんに依頼したり、息子さんが自宅の固定電話の解約と、住まいの確保としたとしてネット上では騒ぎになっています。

本当にこれらのことが事実だとしてら・・・

同時に妻と娘さんをなくした方の心情を考えるといたもたってもいられなくなります。

新しい情報がわかり次第記事を追加していきます!

息子さんについての情報もSNSではながれていますね。

池袋事故の飯塚幸三の元院長は、退院後に逮捕されるの?

政治家が何か問題を起こした時って検査入院をすることがよくありますよね。

最近では、入院期間を短くしたり、軽症の人はなかなか入院するのが難しいなんてことが言われていますが、例外もあるんでしょう。

入院すると通常は、病名によって国から病院がお金をもらうことになりますが、ぶっちゃけ自分で払える人であれば保険を使わないという方法もあるので、いくらでも入院すると言う事が可能なのでしょう。

お金のことを気にして入院できないという人は多いですが、お金があって個室の差額ベッド代も、全然気にしないで入院できるという人であれば・・・

病院も経営が大切わけですから入院してもらっても全然問題ないでしょう。むしろ大歓迎でしょうね。

息子さんがした住まいの手配というのは病院への入院ということなのでしょうかね・・・

空いているベッドがあるのであれば、入院してもらった方が病院の利益になるのですから、病院としてはありがたいことでしょう。

病院だからといって、病人が用意しなくては絶対いけないと言うわけではありませんし、もしかすると今回の事件で精神的に参っての入院という事ももしかしたら考えられるのでしょう。

鬱なら、なかなか外見からでもわかりにくいということで苦しんでいる患者さんも多いことでしょう。

事故後に自分のSNSを削除するなどと言う冷静な判断はできたようですが・・・80代という年齢と言うこともあるので、もしかすると認知症の検査などもやっているのかもしれません。

怪我などの病気については、外から簡単に見ることができますが・・・内科的疾患や精神的疾患はなかなか外から見ることができないないところがとても難しくて、デリケートな問題になるのでしょう。

とはいえ、大切な後が奪われているので事件を一刻も早く解明してほしいと思います!!!!!

まとめ

池袋事故の飯塚幸三の入院先の名前や場所・病名は?退院後は逮捕?という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは池袋事故の飯塚幸三の入院先の名前や場所・病名は?退院後は逮捕?の内容をまとめていきますね^^

・池袋事故の飯塚幸三元院長の入院先の病院名についての情報はありません。

・池袋事故の飯塚幸三元院長の息子さんも力があるのでしょう。

・池袋事故の飯塚幸三元院長について言及した田中知事は素晴らしいと思います!!!

池袋事故で命を落とされたお二人の冥福を心から願います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

池袋事故の犯人に「さん」がつく理由は?飯塚幸三の報道に特別扱い?

飯塚幸三氏が任意で事情聴取はなぜ?退院後は逮捕じゃないの?











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です