箱根駅伝で転んだ新井選手の今後は?選手生命や内定取り消しも?








こんにちは。たなかあやです!

2019年1/2から1/3の2日間にかけて行われた箱根駅伝が終りました。

お正月と言えば箱根駅伝というくらい、日本ではお正月の目玉番組。

大学の陸上部に所属している選手も、箱根駅伝に出場することを子供のころからの夢と語る選手も少なくありません。

これまでの辛い練習、走りを箱根にかけているという選手も消して少なくありません。

箱根駅伝に出場できなく、涙を流す選手、挫折を味わう選手も多いでしょう。

選手の実力はもちろんですが、選手をサポートしている家族や周りの人たち、観戦している一般の私たちには見えない支えている人たちが沢山いるからこそ、

選手たちは、箱根駅伝に参加できているんだと思います。

それは、今回の箱根駅伝で、優勝した東海大学を見ていてもかなりのサポートの力があったからこそ優勝できたのだと思っています。

もちろん、一番は選手たちの頑張りというのは、言うまでもありません。

今回、スタート直後、「大東文化大学の新井康平選手が転んだ」というショッキングなアクシデントがありました。

私が、つまずいて転んだというのと、箱根駅伝に出場の新井選手が転んだというのではわけが違います。

なにせ、走るスピードが比較にならないくらい新井選手が早いですし、スタート直後に転んだので、他の選手との接触の影響も大きいと思います。

左足首を負傷しました。

新井選手の今後が気になります。

それでは、

箱根駅伝で転んだ新井選手の今後は?選手生命や内定取り消しも?

ということではじめていきますね。
スタートの動画はこちら↓↓

箱根駅伝で転んだ新井選手の今後は?

箱根駅伝で転んだ新井選手は、今後、サンベルクスという実業団で競技を続けることになっています。

サンベルクス陸上部は、実業団チームです。

調べてみると、東京、埼玉、千葉エリアにあるベルクスを出店している会社でした。

ベルクスは、私もよく買い物にいくんですが、お惣菜が充実していたり、店内が広くて買物がしやすかったり、店員さんが親切なお店です。

ベルクスを経営するサンベルクスに陸上部があることは知りませんでした。

サンベルクスは、仕事と陸上を両立できる「かっこいい」日本一のアスリート社員集団。という目標のもとひび練習に励んでいます。

ちなみに、2018年の目標は、 日本選手権出場(3名)、 東日本実業団駅伝10位以内、ニューイヤー駅伝25位以内、マラソンMGC出場

ということだそう。

2018年の募集人数は、トップチームと、サンベルクスRCという2つのなかからの合計7名。

トップチームでの募集は2名ということだったので、就職するのは、かなりの難関だと思われます。

2019年4月からは、新井選手もサンベルクスの陸上部に所属することになります。

箱根駅伝で転んだ新井選手の選手生命や内定取り消しも?

2019年4月から、新井選手もサンベルクスの陸上部に所属、社会人となりますが、。今回の箱根駅伝で転んだことで、回復までに、6か月かかると言われています。

6か月と言うことは、2019年の夏ころまでは、転んだことによる足の完治に時間がかかると思われます。

それでは、半年後いまのように走れるかと言ったら、それはすこし難しいのではないでしょうか。

いくら箱根駅伝に参加する選手だからといって、練習が思うように進まなければ、タイムを出すことはできません。

いまのような走りをするには、かなりの時間が必要なのではないでしょうか。

新井選手の選手生命や内定取り消しもあるのでしょうか?

サンベルクスに陸上部の募集要項をみると、実力はもちろんですが、実力だけではなく、仕事に対する前向きな気持ちを重視しているようです。

箱根駅伝に参加するくらい実力のある新井選手のことですから、今回転んでしまったことで、今後に影響が出るということは、きっと想像がついたと思います。

1区を完走して、タスキをつながなくてはいけないという使命感や仲間を想う気持ち、支えてくてた周りの人のことを考えると、リタイヤするという選択は新井選手にはなかったのかもしれません。

新井選手が自分だけのことを考えていたら、すぐにリタイヤしていたことでしょう。

そう考えると、新井選手のような相手を想う気持ちがあったり、目標を達成しようと困難を乗り越える力のある選手をあたたかく受け入れてくれることと思います。

とは言っても、実業団のチームに所属するわけですから、新井選手にとっては辛いこともきっと多いと思います。

転んだことによるけがの影響は今後、かなり大きいことと考えてしまします。


心のケアが大切なので、周りの方も気遣ってほしいです。

まとめ

箱根駅伝で転んだ新井選手の今後。選手生命の危機?内定取り消しも?
という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の箱根駅伝で転んでしまった影響はとても大きく、今後新井選手は、辛いことも多いと思います。

痛みを抱えながら、1区を完走したことでも、様々な意見がありますが、新井選手が今後にむけて前向きに頑張ってくれることを心から願っています。

選手生命の危機をうまく乗りきって、実業団の選手として、お正月は実業団のニューイヤー駅伝で素敵な走りを見せてくれることを心から楽しみにしています!!

新井選手ならば、今回転んだことをばねにより一層人間としても大きな成長を成し遂げてくれることを信じています。

新井選手にはこれからも活躍してほしいと思います!

それではまとめましょう。

・箱根駅伝で転んだ新井選手は、選手生命の危機に立ってはいるが、きっと立ち直ってくれる!

・サンベルクス陸上部への入部、内定取り消しはないでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた次回のブログでお会いしましょう。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です