コロナウイルス(新型肺炎)は外食やビュッフェで感染する危険や可能性が高い?








コロナウイルス(新型肺炎)は、外食やビュッフェで感染する危険があるのでしょうか。

まだまだ分からないことの多い新型コロナウイルス。

人から人へと感染がみとめられました。

コロナウイルス(新型肺炎)については、2月1日に指定感染症に指定されたことで、日本国内でのコロナウイルス(新型肺炎)対策が強化されています。

中国本土では、医療が不足しているため、コロナウイルス(新型肺炎)が拡大していることがニュースになっているので心配です。

日本でも、コロナウイルス(新型肺炎)の感染が認められていますが、コロナウイルス(新型肺炎)に感染しないためには、どうしたらいいのでしょう。

新型コロナウイルスは、人から感染することが分かっていますが、外食やビュッフェで新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染することはあるのか気になってので、そのあたりをひも解いてみました。

こちらの記事では、コロナウイルス(新型肺炎)で外食での注意点、コロナウイルス(新型肺炎)ビュッフェで感染はある?について紹介します。

スポンサーリンク

コロナウイルス(新型肺炎)は外食やビュッフェで感染する危険や可能性が高い?

コロナウイルス(新型肺炎)は外食やビュッフェで感染する危険や可能性が高いのでしょうか?

日本で、新型コロナウイルスに感染した人が多くなった場合、外食やビュッフェで感染する可能性がないとは言えません。感染者が増えれば、感染する人も当然増えるでしょう。

新型コロナウイルスは、飛沫感染が確認されています。

新型コロナウイルスに感染した人の唾液、咳、くしゃみには新型コロナウイルスのウイルスが混入しています。

お料理の近くで、コロナウイルス(新型肺炎)に感染した人が咳やくしゃみをした場合、お料理に新型コロナウイルスが付着、その料理を食べた人がコロナウイルス(新型肺炎)に感染することが考えられます。

これは、ビュッフェスタイルのレストランに限りませんが、お料理が運ばれてくる注文式のレストランに比べるとウイルスなどが飛ぶ可能性は高くなることが想像できます。

東京都感染症情報センターによると、コロナウイルス(新型肺炎)予防方法について下のような回答がありました。

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗いなどを行っていただくようお願いします。
また、十分な栄養と休養、人込みを避けるなども有効です。発熱や咳などの症状がある人との不必要な接触は避けましょう。接触をした場合は、十分な手洗いをしましょう。野生動物や、動物の死体に触れないようにしましょう。
現時点で予防接種はありません。

現時点で予防接種はないので、感染しないように注意することが重要ですね。人込みを避けるなども有効です。

混雑しているビュッフェスタイルのレストランも人込みなので、避けた方がよいということですね。

外食は、自分の口に入る前、食品に新型コロナウイルスが付着していると感染してしまうリスクが高くなることが考えられます。

調理した料理は、なるべく早く食べることで新型コロナウイルス(新型肺炎)から身を守ることができそうですね。

また、自分で調理すれば、他の人の咳が料理に入ることがないので、新型コロナウイルス(新型肺炎)が混入することもなさそうです!

 

外食では、保健所が衛生管理について指導を行っていますが、衛星管理ができていない外食店は避けた方が安心ですね。

ビュッフェでコロナウイルス(新型肺炎)に感染する危険や可能性が高い?

外食では、ビュッフェスタイルのレストランも多く人気がありますよね。

ビュッフェスタイルのレストランは、お料理が大きなお皿に置かれていて、お客さんが各自、自分の食べたいお料理を取り分けます。

コロナウイルス(新型肺炎)に感染している人が、ビュッフェスタイルのレストランにいると、知らない間にお料理にコロナウイルスが入ってしまうなんて可能性が0とはいえません。

お料理を取り分けの際、マスクをしていないで咳をしたり、話しながら取り分けをするとお料理にコロナウイルス(新型肺炎)が付着する可能性もあります。

お料理にカバーがされていたり、お客さんが少ないビュッフェスタイルレストランでは、感染の危険や可能性は減りますが、多くのお客さんでわいわい賑わっていてお料理がそのまま大皿に置かれた状態ではコロナウイルスが付着する可能性も当然高くなりますね。

特に、新型コロナウイルスは中国での感染者が多いため、中国からの観光客が多く来るようなビュッフェスタイルのレストランでは危険の可能性が高くなると予想されます。

明らかに体調の悪い人は病院などの医療施設で治療を受けますが、なかには、新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染していても無症状の人がいるので、知らないうち新型コロナウイルス(新型肺炎)を移してしまう危険があります。

もちろん、ビュッフェスタイルのレストラン以外の外食でもコロナウイルス(新型肺炎)のウイルスが付着する可能性はありますが、自分の口に入る前に多くの人の前にお料理が置かれることでウイルスの付着の機会が増えることになります。

Twitterでは、ビュッフェに不安を感じている人も多くいます。

過度の心配は不要ですが、自分の身を守るためには、コロナウイルス(新型肺炎)に感染しないように配慮することも必要ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、コロナウイルス(新型肺炎)で外食での注意点、コロナウイルス(新型肺炎)ビュッフェで感染はある?について紹介しました。

まだまだ分からないことが多い新型コロナウイルスですので、個人的な意見としてまとめます。

・コロナウイルス(新型肺炎)の感染者が、ビュッフェスタイルのレストランにいた場合、新型コロナウイルスの感染の可能性が0ではない

・お料理の近くで咳やお喋りをすることで、コロナウイルス(新型肺炎)が料理に付着する可能性がある

・多くの人で賑わうビュッフェスタイルのレストランや中国人観光客の多い場所は、感染が高まる危険も考えらる

・ビュッフェスタイルでなくても、衛生管理が整っていないレストランは感染が高まる危険も考えらる

新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染された方は、一刻も早い回復を願っています。

中国人=コロナウイルス(新型肺炎)に感染ではありません。現時点では、世界的に中国人が新型コロナウイルスに感染している人が多いための表現です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です