進藤遼佑君(さいたま市の小4)発達障害?忘れ物が多かったのは本当?








こんにちは。あやです!

埼玉県見沼区大谷に集合住宅の敷地内で18日の未明に同敷地に住んでいる進藤遼佑君が殺害された事件で、父親、進藤悠介容疑者(32)が逮捕されました。

父親は、遼佑君の義父ということで、母親の再婚相手ということです。

母親は42歳で、今回逮捕された父親は32歳ということなので年齢がかなり離れていることがわかります。

32歳の進藤悠介容疑者は無職ということですが、遼佑君の母親は教員ということです。

遼佑君の母親は教員ということなので、子どもたちを指導する立場にあるということですね。

遼佑君の母親は、遼佑君の忘れ物について「(息子が)ものをなくしちゃう傾向がある。紅白帽がなくなっちゃった」と相談していたということです。

「進藤遼佑君(さいたま市の小4)発達障害?忘れ物が多かったのは本当?」という内容で下のようにまとめてみました。

今回は下のような内容になっています。

 

●進藤遼佑君(さいたま市の小4)発達障害なのか?

●進藤遼佑君(さいたま市の小4)は忘れ物が多かったのは本当?

スポンサーリンク

進藤遼佑君(さいたま市の小4)発達障害なのか?

進藤遼佑君は、忘れ物が多いということが気になるということで、母親が面談日に担任の教師やカウンセラーに相談していたということでした。

進藤君が通っていた、さいたま市立大谷小学校が事件後に会見を開いて、堺数太校長は、「進藤君の母親(42)から、進藤君が、ものをよくなくしてしまうと相談を受けていた」こということを明らかにしました。

学校では、忘れ物がないのかを確認するように指導していたということです。

記者会見では、進藤遼佑君が発達障害というコメントは一切されていませんでした。

忘れ物が多いというのは、子どもの性格や性質によっても差があると思うので、これから忘れ物がないようにするにはどうすればいいのかを考えたり、対策をとっていたところなのでしょう。

昔は、クラスに一人くらい授業中に椅子に座っていられない子がいるということも普通でした。

今考えると、発達障害だったのかもしれないと昔を振り返ります。

今は、情報社会なので、少しでもみんなと違うことがあると、発達障害ではないのか?と考えてしまうことがあります。

子どもも発達障害んみついて小学校で勉強するので、発達障害について意識している程です。

みんながまるっきり同じということはあり得ないことですが、少しみんなと違うという個性が自分や相手をすぐに発達障害と感じてしまうこともあるのかもしれません。

多かれ少なかれ、みんな発達障害に当てはまるのでは?とも感じてしまう程です。

学校では、普通のクラスの授業についていけない子供や先生のフォローが必要な子供は特別支援学級に在籍することも多いと思いますが、遼佑君が特別支援学級に在籍していたという情報は見つかりませんでした

進藤遼佑君は、近隣の方の話によると挨拶もしっかりできる子どもで、英語の塾までの間お友達と遊んでいるということもあったようです。

英語の塾には、一人で行っていてようなので、時間を見ながら行動できる子どもで、人に会うと挨拶も出来たということです。

しっかりした小学4年生というように感じます。

遼佑君の通っていたさいたま市立大谷小学校の堺数太校長は、進藤遼佑君は何でも意欲的に活動する子どもと会見で伝えていました。

進藤遼佑君(さいたま市の小4)は忘れ物が多かったのは本当?

進藤遼佑君(さいたま市の小4)は忘れ物が多かったのは本当なのか調べてみると、事件後に行われた遼佑君の記者会見によるととても意欲的に活動する遼佑君ですが、ものをなくしてしまう傾向についてだけは気になるとのことでした。

進藤君の母親は面談日に「(息子が)ものをなくしちゃう傾向がある。紅白帽がなくなっちゃった」などと相談を持ち掛けていたという。進藤君に対しては「何でも意欲的に活動するが、そういうところだけは気になると。1つ1つ持ち物を確認して帰るように」と指導していたことを明らかにした。
出典:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201909180000520.html

進藤遼佑君の母親は、教員ということなので、今までも多くの子どもたちを指導する中で遼佑君の忘れ物についても気になったということでしょう。

父親の進藤悠介容疑者は、遼佑君が帽子を忘れたことを注意したところ、「本当の父親じゃないのに」と言われたと供述しているということなので、忘れ物が多かったということは事実のようです

学校側も忘れ物については気になるということなので、忘れ物はしやすい傾向にあったようですね。

個人的な意見としては、小学4年生の男の子なので、多少忘れ物が多いのは仕方ないのかもしれないとも感じます。

まとめ

今回は「進藤遼佑君(さいたま市の小4)発達障害?忘れ物が多かったのは本当?」についてしらべてみました。

その内容をまとめてみると

●進藤遼佑君の母親は、学校の子育て相談で遼佑君の忘れ物が多いことを相談していた。

●父親で犯人の進藤悠介容疑者は、遼佑君に帽子を忘れたことを注意したという供述をしている。

●学校での記者会見では、発達障害についてのコメントはありません。

●学校でも忘れ物をしないような指導をしていた。

それでは、今日はここまでとさせていただきます。

進藤遼佑君のご冥福を心からお祈りします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です