雅子皇后よりも語学力が高い?高円宮妃久子さまのプロフィールや経歴!








こんにちは。あやです!

雅子さまは、体調が優れないこともあり、ご公務も欠席されることも
ありました。
20198年5月、元号が令和になってから、とくに雅子皇后の活躍に注目があつまっています

語学が堪能ということは知られていましたが、海外からも評価の高い雅子さま。
トランプ大統領も雅子さまの対応を絶賛しています!

雅子さまは、外務省出身の超エリートで、語学も堪能です。
結婚報道の時には、外務省の職員として活躍できないことは、
日本にとっても大きな損失とまで言われました。

雅子さまが、それだけ有能だったということですね。

そんな雅子さまよりも、語学力があると言われているのが、高円宮妃久子さまです。
雅子様よりも語学力高いという高円宮妃久子さまとは、いったいどのような方なのでしょう。

気になったので調べてみました。

今日は、雅子皇后よりも語学力が高い?高円宮妃久子さまのプロフィールや経歴!に役立つ情報を紹介していきます!

あなたの役に立つ情報をお伝えしたいと思います。

それでは始めましょう。

スポンサーリンク

雅子皇后の語学力が高くて世界からも絶賛!

雅子さまは、独身時代、1985年(昭和60年)6月にハーバード大学を卒業されています。

1986年(昭和61年)、米国から帰国して、東京大学法学部第3類に入学されています。

1986年10月に外務公務員上級採用I種試験(外交官試験)に合格。
1987年(昭和62年)に東京大学を中途退学し、外務省に入省されています。
1988年(昭和63年)から外務省の研修留学として、オックスフォード大学ベリオール・カレッジに留学
外務省で勤務されているときは、渡辺美智雄氏、竹下登氏、中曽根康弘氏の会談の通訳も務めています。

会談の通訳なんて、一つ間違えれば、国と国との争いになってしまいかねないとても責任のある仕事。

当時から、雅子さまは国と国との最前線で働いていたということになります。
雅子さまが行っていた通訳の仕事は、言うまでもありませんが、ただ言葉を訳すのではなく、
歴史や、政治のことを熟知していないとできるお仕事ではありません。

当時から、かなり優秀であったことがうかがえます。

結婚されてからは、体調をくずされて、国民の前に顔を出すことが少ない時期もありましたが、
2019年5月には皇太子徳仁親王の即位に伴い皇后となっています。

雅子さまは、語学は、英語はもちろん、フランス語、ドイツ語、ロシア語に堪能で、高校時代には韓国語も
学ばれていたということです。

7月1日には、トルコのエルドアン大統領とも会見されています。
今後も、海外から多くのお客様が雅子さまと会見されることでしょう。

海外でも雅子さまが療養されていたことは知られていているようです。
外交官として活躍されていたキャリアウーマンの雅子さまが皇室に入って
体調を崩したことに対して、海外で同情の声も多いようです。

皇后となった雅子さまは、高い語学力もあり、海外からも評価が非常に高いということですね。

雅子皇后よりも語学力が高い?高円宮妃久子さまのプロフィールや経歴!

そんな雅子さまよりも語学力の高い方が皇室にいらっしゃるということです。
それは、高円宮妃久子さまです。

高円宮妃久子さまは、1953年(昭和28年)7月10日 生まれの66歳(2019年8月現在)です。
聖心女子学院初等科・中等科を卒業されています。

父は、三井物産フランス社長など商社役員を歴任された鳥取滋治郎氏。

1984年(昭和59年)憲仁親王と結婚されています。

高円宮妃久子さまは雅子皇后よりも語学力が高い?

「久子さまの英語は、語彙が豊かで内容にインテリジェンスが感じられるだけでなく、発音もネイティブ以上。
品格のある完璧なクイーンズイングリッシュと言えます。彼女の英語は、間違いなく日本一」と
明治大学教授のマーク・ピーターセン氏が絶賛しています。

語学(言葉)とは、ただ話せればいい!というものではないようです。

芸能界でいえば、明石家さんまさんは、語彙力もあって周りを笑わせたり、
引き付ける力があるので、お笑い界でもトップの地位を維持されていますよね。
(皇室とお笑いの世界では、立場も違いますが・・・)

久子さまの英語力、語学力は、教養があって美しいというのは、テレビでもおなじみの
デーブ・スペクターさん。

久子さまの英語力は、場面にあった言葉の選択や、度胸と愛嬌が高く評価されています!

海外で活躍される皇室の方は、おそらく会話やスピーチの練習を日頃からされている
ことと思います。

皇室の方たちの語学力は高いことでも知られていますよね。

高円宮妃久子さまは、生まれも育ちもよく、教養もあります。
皇室の方たちは、レベルの高い教育を受けていらっしゃることでしょう。

高円宮妃久子さまの最大の評価は、場面にあった言葉の選択と、度胸と愛嬌
のようですね。

場面にあった言葉の選択は非常に難しいもの。
日頃から、相手の気持ちや立場、場の空気を読む能力が高いのでしょう。

久子さまのスピーチは、はじめはフランス語で挨拶されてから、「皆様にしっかりご理解いただくためにここからは、英語で話させていただきます」という
前置きをされ、英語で話されていますね。

フランス語から、英語に変わった時から、表情も自信に充ち溢れているように感じます。

高円宮妃久子さまのスピーチはこちら↓↓

高円宮妃久子さまと昭和天皇との関係は?

高円宮妃久子さまは、昭和天皇の弟、三笠宮崇仁親王(昭和天皇の弟)の三男、高円宮憲仁親王の妃。

昭和天皇とは、甥の妃という関係になりますね。

まとめ

以上雅子皇后よりも語学力が高い?高円宮妃久子さまのプロフィールや経歴!という内容でお伝えしてきました。

この記事があなたの役に立てたら幸いです。
それでは記事の内容をまとめます。

・高円宮妃久子さまの語学力の最大の評価は、場面にあった言葉の選択、度胸と愛嬌。

・高円宮妃久子さまの語学力には、婉曲的な言い回しが評価されている。

・明治大学教授のマーク・ピーターセン氏は、高円宮妃久子さまの語学力は、日本一と絶賛しています!

高円宮妃久子さまの語学力は、日本一と絶賛されているので、雅子さまよりも
語学力が高いといわれているようですね。

今日はここまでとさせていただきます。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です