憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!新元号で取材さっ到








こんにちは。たなかあやです!

新元号がかわり、急に有名人になられた方がいらっしゃいます!

憲法学者・川岸令和さんです。

インタネットで、新元号の「令和」と調べると川岸令和さんがヒットするということで、新元号が令和に決まってから川岸令和さんに取材がさっ倒しているようなんです。

今日は、憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!新元号で取材さっ到に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

題して

憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!新元号で取材さっ到

という内容で、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!

新元号が、令和と発表がありました。

新元号の令和を検索すると川岸令和さんがヒットしてきます。

新元号が発表されてから、川岸令和さんに問い合わせがさっ到しているようです。

川岸令和さんは、早稲田大学政治経済学術院長で、政治経済学部長ということ。

法務研究科の教授も兼任されているようです。

「令和」の読み方ですが、川岸さんの場合は、令和と書いてのりかずと読みます。

新元号が発表されてから、川岸さんにマスコミからの問い合わせが相次いでいるようなんです。

マスコミに対しては、多忙のためコメントは控えているもよう。

インターネットで名前を検索できる位の方なので、今でも有名だとは思いますが、新元号が「令和」なったことでより一層有名になったということですね。

早稲田大学経済学部の学部長で憲法学者というところからしても凄い経歴の持ち主という事が簡単に想像することができますが、川岸令和さんは一体どんな経歴の持ち主なのでしょうか。

気になったので調べてみました。

 

プロフィール

名前:川岸 令和

読み方:かわぎし のりかず

生年月日:1962年

学歴:大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎→早稲田大学政治経済学部卒業。

早稲田大学政治経済学部に司法試験に合格されています。

日本公法学会、日米法学会などの様々な学会に所属されています。

 

経歴:
1986年
司法試験合格
1987年
早稲田大学政治経済学部を卒業後、早稲田大学大学院政治学研究科に進学
1989年
早稲田大学政治経済学部助手
1992年
フルブライト奨学生としてイェール大学ロースクールに留学(93年LL.M.取得)
1995年
帰国後、早稲田大学政治経済学部専任講師
1997年
早稲田大学政治経済学部助教授
2002年
早稲田大学政治経済学部教授
2004年
イェール大学ロースクールにてJ.S.D.を取得
同年
4月より早稲田大学大学院法務研究科教授を併任

出典:https://www.waseda.jp/folaw/gwls/news/2014/05/23/2216/

やはり凄い経歴の持ち主ですね。

論文も多く発表されているので、業界ではとても有名だったかもしれませんが、今後はマスコミにもたくさん出てくるということもあるかもしれません^^

憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!新元号で取材さっ到


川岸教授は司法試験の委員もされているようです。

川岸教授は、今回の新元号で、急に有名になってしまいましたが、有名になるだけの資質が備えられたとても素晴らしい経歴の持ち主ですね。

川岸教授はゼミをやっていますが、そのゼミのアカウントにも、新元号おめでとうございます!というコメントがさっ到してるようです。

こんなにコメントが来てしまうとアカウントも変えなくてはいけない(汗)などと思ってしまいますが・・・

1ヵ月もすれば新元号の騒ぎも落ち着くのかもしれません。

今回の新元号の発表で一番注目されたのは、きっと、川岸教授でははないでしょうか

Twitterでは早くも早稲田の川岸令和教授にインタビューが来ると予想をしている方もいらっしゃいますね。

川岸教授の経歴のすばらしさはわかりましたが、性格も気になりますよね。

これからは、テレビで川岸令和教授を見られるということもあるかもしれないので、人柄や性格も楽しみにしていきたいと思います。

川岸令和教授の場合は、司法に詳しいので今後はコメンテーターとして活躍するなんていう日も、もしかしたら来るのかもしれないですね。

まとめ

憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!新元号で取材さっ到という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは憲法学者・川岸令和プロフィールや経歴・顔画像!新元号で取材さっ到の内容をまとめていきますね^^

・憲法学者・川岸令和さんに新元号で取材さっ到している。

・憲法学者・川岸令和さんは、新元号で取材についてはコメントを控えている。

・今後の憲法学者・川岸令和さんに注目していきたいと思います!

これからも、川岸令和さんの活躍を願っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です