新年号の文字を書く書家はだれ?名前やプロフィール!平成の書家も!








こんにちは。たなかあやです!

2019年5月1日から新年号に変わりますね!

新年号の発表で色々と気になります!

今日は、新年号の文字を書く書家はだれなのか。名前やプロフィールが気になります!平成の書家に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

題して

新年号の文字を書く書家はだれ?名前やプロフィール!平成の書家も!

という内容で、はじめて行きましょう!

スポンサーリンク

新年号の文字を書く書家はだれ?名前やプロフィール!平成の書家も!

新年号がまもなく発表されます!

平成になってから、もう何十回ともなく当時の小渕官房長官が発表した平成と平成という墨で書かれた文字を見ましたよね。

この「平成」という文字は直前に、河東純一さんが書いたものだそうです。

河東純一さんは、当時内閣府の職員ということでした。

てっきり、有名な書道家の方が書いたのかと思いましたが・・・

当時の内閣総理大臣官房で人事課辞令専門職の河東純一さんが書かれたものなんです!

今回の新年号を書く方は誰になるのでしょうか?

名前やプロフィールが気になります!

この新年号は、今回の「平成」と同じように、私たちがテレビで何十回ではきかないくらい目にすることになると思われます!!!

新年号を書く方もかなり緊張されていることだと思います^^

新年号の文字を書くということは、とても名誉なことでしょう!

誰でも書けるということではなくしっかりと選ばれた方が書くということになるのでしょうね。

新年号の文字を書く書家はだれ?名前やプロフィール!平成の書家も!

「平成」の文字を書いた方は、河東純一さんでした。

平成の後の新年号を書く方についての名前やプロフィール顔画像等については調べることができませんでした

今後、取材されるという可能性は非常に高いと思われますので、その時はまたこちらで報告していきたいと思います!

現在河東純一さんは、内閣管理大臣官房でのお仕事は退職され、書道を教えているという情報もありました。

埼玉県で書道を教えているという情報が見つかりましたが、詳しい場所や教室については調べることができませんでした。

「平成」という有名な文字を書いた河東純一さんに文字を習いたいという人もきっといると思われます。

河東純一さんについても、詳しい内容がわかればこちらで追記していきたいと思います。

河東純一さんの場合、「平成」の年号を知らされたのは、発表の20分前と言うことでした。

発表の20分前に新年号を知らされ、半紙に4枚「平成」という文字を書いたそうです。

その中でも1番出来の良かったのが、1番最後に書いた「平成」という文字だったようです。

実は小渕官房長官が平成と発表した時の文字はまだ墨が乾いておらず、湿った状態だったというのですから驚きです!

この新年号を書く方は、とても集中力が要求されますね。

文字を書くときは、その時の精神状態がそのまま文字に出るので、今回の新年号を書く方も緊張されながらも立派に書いてくださることだと思います!

もうすぐ新年号の発表になります!

新年号の発表を楽しみに待っていたいと思います!!!

まとめ

新年号の文字を書く書家はだれ?名前やプロフィール!平成の書家も!という内容でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは新年号の文字を書く書家はだれ?名前やプロフィール!平成の書家も!の内容をまとめていきますね^^

・新年号の文字を書く書家は総理府(現内閣府)に務める職員の可能性が高い!

・新年号の文字を書く書家は総理府(現内閣府)に務める職員は、今回も発表直前に書く可能性が高い!

・新年号の文字を書人事課辞令専門職に務める職員さんについては分かり次第お伝えします!

新年号の発表を楽しみに待ちたいとい思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です