三重が震源なのに宮城が揺れたのは異常震域!南海トラフの前震?








こんにちは。たなかあやです!
7月28日(日)3時31分頃、宮城県で最大震度4の地震が観測されました。
震源は、三重県南東沖ということ。
それなのに・・・
遠い宮城県が揺れるのはなぜか気になったので
調べてみました。

今日は、異常震域、南海トラフ、前震に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

三重が震源なのに宮城が揺れたのは異常震域!南海トラフの前震?

で紹介します^^

スポンサーリンク

三重が震源なのに宮城が揺れたのは異常震域!

7月28日(日)3時31分頃、宮城県で最大震度4地震が観測されたというニュースが
流れました。

震源地が三重県南東沖ということでした。
普段地震が起きることはよくありますが・・・
震源地と揺れる場所がこのように離れていることは
少ないですよね。

震源地が三重県南東沖なら、揺れるのも当然近くの地域と思っていました。

三重県は、揺れを感じることなく・・・

今回、揺れたのは、宮城県、福島県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都でした。

震度4
【宮城県】
丸森町

震度3
【宮城県】
角田市 岩沼市 大河原町 亘理町 松島町
【福島県】
いわき市 白河市 田村市 南相馬市 泉崎村 中島村 玉川村 楢葉町 大熊町 双葉町 浪江町
【茨城県】
水戸市 日立市 土浦市 石岡市 常総市 常陸太田市 北茨城市 笠間市 取手市 筑西市 桜川市 鉾田市 つくばみらい市 小美玉市 茨城町 城里町 東海村 河内町
【栃木県】
宇都宮市 栃木市 鹿沼市 真岡市 大田原市 下野市 益子町 壬生町 野木町 高根沢町
【埼玉県】
さいたま緑区 加須市 春日部市
【千葉県】
木更津市 市原市 鴨川市 印西市
【東京都】
東京千代田区 東京荒川区

調べてみると、震源地は三重県南東沖ということでしたが
震源の深さが約420kmととても深いのが特徴の地震でした。

今回のように、震源地と揺れる場所が大きく離れていることを
異常震域というそうです。

異常震域については、昔は、地震道が有ると考えられていました。
地震が伝わる特別な抜け道を地震道と考えていましたが
現在では、2つの原因が考えられています。

1.震源の周りの地盤
2.惑星や衛星などの深い核となる部分の外側の層の構造

プレートの境界などでの震源の場合、揺れが伝わる方向が陸よりも
プレートに沿った遠い地域の方が地震の波が伝わりやすい
ということです。

今までの地震速報をみると、震源地と揺れる場所が大体近いということが当たり前だったので
今回のような震源地と揺れる場所が大きく離れているということはとてもびっくりしました。

ただ、このような事は異常ではなく地盤やプレート、
震源地が深い地震では今までにも見られていましたよ。

今回の地震は震源の山深さが420キロメートルという深い震源地ということもありました。

今まで震源が深い地震では、

小笠原諸島での地震で2015年5月に深さ682キロメートル

オホーツク海深発地震
2013年5月カムチャッカ半島で発生した深さ609キロメートルの地震がありました。

三重が震源なのに宮城が揺れたのは異常震域!南海トラフの前震?

今回の地震は、震源地が三重県沖なのに宮城県が揺れたということで
これはもしかすると南海トラフの余震なのではないかと心配になってしまいます。

私だけではなくて、南海トラフを心配された方もいると思います。

結論からいうと、今回の地震は、震源が深いので南海トラフの余震ではないようです!

南海トラフのプレートは、想定が深さ10メートルといわれています。

今回の震源の深さは420メートルなので、深さの点では大きく差がみられます。

今回の地震イコール南海トラフの余震とは考えにくですね。

ただ、日本は地震が多い国。
今までは熊本地震が起きないなんて
いわれていましたが、大きな地震に見舞われました。

30年や100年に一度の大きな地震がある!
とも言われていますが、今までも東日本大震災などの
地震を経験すると、日本ではいつ起きてもおかしくないですよね。

「いつ地震がきてもおかしくない」と日頃からの心構えと
備えが重要ですよね。

もしもの時は、支援物資も届きますが、交通事情なので
手元に届くまでに時間がかかることもあるようです。

3日間の備蓄は各自しておいた方が良いとのこと。

非常食というと、カンパンなどの定番を想像しますが、
非常食は、普段でも食べることができる缶詰
利用すると、味もいいし、賞味期限が近くなっても
おかずとして利用できるので、余計な出費もなくて
便利ですよ。

我が家も、災害セットは準備していますが、最近見直しをしていないので、
この機会に防災セットの確認をしたいと思います。

まとめ

以上異常震域、南海トラフの前震という内容でお伝えしてきました。

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは三重が震源なのに宮城が揺れたのは異常震域!南海トラフの前震?の内容をまとめます^^

三重が震源地なのに、遠く離れた宮城が揺れたのは、異常震域ということでした。
異常震域の原因は震源地の地盤、プレート構造、震源が深い地震での例が確認
されています。

南海トラフの前震ではないかと心配してしまいますが、
震源の深さから考えると南海トラフの余震の可能性は低いと
考えられます。

ただ、南海トラフ地震はいつ起きても不思議なことではないので、
気持ちの心構えや、備えが大切です。

各自3日間は自力で生活できるだけの備蓄があるとよいそうです。

地震が起きないことを願いますが、いざというときのために
防災グッズを確認されてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださってありがとうございました。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です