青木琢磨は半身不随が回復?鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!








こんにちは。たなかあやです!

2019年鈴鹿8時間耐久レースが開催されます。
その鈴鹿8時間耐久レースに、青木琢磨選手が走行することになりました。

今日は、青木琢磨は半身不随が回復?鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!に役立つ情報を紹介していきます!

お役に立つ内容をお伝えしていきますので、最後までお付き合いいただけるとうれしいです^^

青木琢磨は半身不随が回復?鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!

で紹介しますね^^

スポンサーリンク

青木琢磨は半身不随が回復?鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!

青木琢磨さんが、鈴鹿8時間耐久レースで走るというニュースが発表されました。

青木琢磨さんといえば、青木3兄弟の次男として活躍されていた 元ロードレースライダーです。
現在のmotogpで活躍されていました。

青木琢磨さんは、
1995年から全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスで2年連続チャンピオン。
1997年にはロードレース世界選手権GP500クラスに参戦されています。
1998年にバイクで転倒したことが脊椎損傷のため、下半身不随。

現在は、ダカールラリーやGTアジアに参戦するレーシングドライバーとして活躍しています。

青木琢磨さんのプロフィール

プロフィール
名前:青木拓磨 ( あおきたくま )
生年月日: 1974年 2月24日(2019年7月現在 45歳)
出身地: 群馬県
職業:レーシングドライバー

青木琢磨さんがバイクに乗れる理由とは?

青木琢磨さんが、鈴鹿8時間耐久レースで走行するというニュースで
おどろかれた方も多いと思います。

私も、青木琢磨さんがバイクで走っている動画を観て驚きました。

8時間耐久レースに出るというのならば、本格的にレースに参戦するのか?
足でのブレーキやシフトチェンジなどの操作はどうするのか?
ホールドはできる?
などの疑問が湧いてきました。
バイクは、体にかかる負担も大きく、止まればバランスを失い、転倒してしまいます。

8時間耐久レースに出るというのならば、本格的にレースに参戦するの?
青木琢磨さんが参加するのは、8時間耐久レースのライダーとしてではなく、
デモランの走行ということでした。

青木琢磨さんのデモ走行は、二十七日の前夜祭と二十八日の決勝前に予定されています。

足でのブレーキやシフトチェンジなどの操作はどうするの?
ブレーキやシフトチェンジなどの操作は手元でできるようにバイクが改造されていました。

ホールドはできる?
ホールドについては、半身不随ということなので、困難だと思われます。
バイクは、体にかかる負担が大きいので、その分は、おそらく上半身の筋肉で
カバーしていると思われます。
普段から、レーシングドライバーとしても活躍されているので、体を鍛えていることでしょう。
青木琢磨さんのストイックさを感じますね。

ステップバーには、競技用自転車に使用されているビンディングが加工されており、
ブーツが離れないような工夫もされていました。

バイクの技術は?
動画を観た限りでは、とても22年ぶりとは思えないくらいのレベルの高さを感じました。
後ろから、治親さんがバイクでついていたようですが、かなりのスピードが出ていた!と
話されていました。
さすが、元GPライダーですね!

鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!

鈴鹿8時間耐久レースは、毎年7月下旬の土日に開催される
バイクのお祭りのような代表的な耐久レースです。

鈴鹿8時間耐久レースは、出場したい!と思ってもすぐに出場できるレースでは
ありません。

鈴鹿8時間耐久レースに出場するための条件がありますので紹介します。

鈴鹿8耐の条件とは?

鈴鹿8時間耐久レースに出場するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

1.ライセンスの取得

2.ライダーライセンス

鈴鹿8耐の出場に必要なライセンス

鈴鹿8耐は世界耐久選手権なので、国際ライセンスが必要になります。

ライセンスといっても、いろいろなライセンスがあります。
種類に分けて紹介していきます。
サーキットライセンスとライダーライセンス
について紹介します。

サーキットライセンス

各サーキットを走るためのライセンスになります。
サーキット場は、各地に小さいものから国際的なレースをするところまで
様々なサーキット場があります。

講習(座学)と体験走行講習を受けて、入会金、年会費を支払えば取得できることが多いですが、
小さなサーキット場ではサーキットライセンスがなくても走行できるところがあります。

また国際的なレースが開催されるような大きなサーキットの場合、本コースだけではなく
ショートコースを走るライセンスをもうけているところもあります。

ライダーライセンス

ロードレース以外にも、モトクロスやエンデューロ、トライアル、スノーモービル、スーパーモトなどレースの種類ごとにライセンスがあります。

ロードレースには、ライセンスがいくつかあるので紹介します。

●ロードレース国際ライセンス
国内ライセンスの必要なレースで実績をだした場合、取得することができる。

●ロードレース国内ライセンス
16歳以上で、MFJ公認サーキットライセンスを取得するか、講習会を受講+3時間走行にて取得。

●ロードレースフレッシュマン
16歳以上で、MFJ公認サーキットライセンスを取得するか、講習会を受講することで取得。

●ロードレースジュニア
12歳から15歳までで、MFJ公認サーキットライセンスを取得するか、講習会を受講することで取得。

●ロードレースエンジョイ
年齢は、問わず原付以上の免許を取得している場合はすぐに入会。
原付以上の免許を取得していない場合は、簡単な講習会を受講する必要があります。

参考:MFUオンラインマガジン

青木琢磨さんの場合は、デモラン走行になるので、国際ライセンスは不要ということになるでしょう。

デモラン走行までの道のり

デモラン走行については、青木琢磨さんもとても喜んでいたようです。
今までにないくらいの笑顔だったという記事も目にしましたが、
動画でも笑顔がとても印象的でした。

今回、デモランで走行出来たということは、青木琢磨さんにとっても
信じられないということだったようです。

治親さんが、海外では障害者の二輪レースがあることを知って、
お兄さんの宣篤さんに相談したことで、今回の走行が現実のものになったようです。

青木琢磨さんも、車でのレースは経験されていましたが、オートバイに乗って200キロオーバー
を経験することは、できないと思っていたとのこと。

まだまだバイクに対する未練があったという青木琢磨さん。
ケガをしても、バイクが本当にすきなんですね。

バイクに乗る姿の動画も、本当にバイクが好きなんだと心から感じるものでした。

兄弟の不仲もささやかれていましたが、今回のデモ走行がこうしてできるようになったのは、
兄弟の力の賜物ですよね。
本当に素敵な兄弟です!

障害のある人でもオートバイに乗ることが出来るということは、
多くの障害に苦しむ方にとっても、希望や勇気を与えてくれるに違いないと確信しています!

まとめ

以上青木琢磨は半身不随が回復?鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!という内容でお伝えしてきました。

この記事があなたのお役に立つことができたら、とても嬉しいです。

それでは青木琢磨は半身不随が回復?鈴鹿8耐の条件・ライセンスも調査!の内容をまとめます^^

・青木琢磨さんが出場するのは、デモ走行になります。

・青木琢磨さんが出場するデモ走行は、二十七日の前夜祭と二十八日の決勝前。

・青木琢磨さんは、半身不随でもバイク走行を実現されました。

青木琢磨さんのデモランを成功を心から願っています。

最後まで読んでくださってありがとうございました。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です